MODULAS M-92 5st.

どんなベース?
 その名の通り92年製。短期間に発売されたベースだと思いますが、私は後のフリー・モデルの原点にあるのはこのベースの4弦ではないかとふんでいるのです。1ダブルコイルでピックガードも付いているし。M-92を除いてモデュラスにはピックガードの付いたベースはありません(JBタイプとPBタイプはフェンダーのコピースタイルなので例外)。フリー・モデルのほうがピックアップをもっとリア寄りに搭載してて、それまでの愛機だったスティングレーに近いニュアンスにしてありますね。

 で、M-92はどのようなベースかと申しますと、明らかにQuantumのラインナップでプレシジョンベースを作ろうとしたのではないかと思えるベースです。ヘッドからネック、ボディに至までQuantumそのものです。Quantumは今も生産されていますが現行モデュラス製品はネックにトラスロッドが入っていて、本来反らないネックを好みの反り味(なんじゃろ?)に調整できるそうです。ちなみに私はモデュラス独特の細長い角棒状のホーンの形が大嫌いでして、そこだけはいつも見なかったことにしています。Quantumとの違いは先述のピックガードがついていることと、プレべと同様のセンター位置にピックアップを1基だけ搭載していることですね。コントロールノブはピックアップバランサーが無いので3つ、今風のマットダークグレーのプラスティック製のタイプで、フロント側からヴォリューム、ベース、トレブルの順です。その延長にジャックがあり、ボディ前面にあるのがフェンダースタイルでカッコ良いところですね。この場合プラグもL型ではなくストレート型を挿したいですよね。
 配色ですが、私はキャンディレッドメタリックしか無かったのでそれを買ったのですが、メタリック塗装がすごいそうで、下地のラメはふつうシルバーを噴くそうなんですよね、でもここんちはゴールドなんですって。おかげでメタリックの輝きがエロい。で、ピックガードがホワイトパールでしょ、ネックジョイント部にブランドネームが入ってるでしょ、ハードウェアはゴールドで統一でしょ、すんごい派手なルックスなんですよ。始めての人にこれをみせると「すごいベース!」と驚いていただけます。主人公ロボのようなベースです。

サウンドは?
 サウンドですが、18v EMG DCの音ではあるのですがグラファイトネックのせいか、なにか違う。豪快で無機的です。ミッドに感情の表れない部分があって、そこがすごく遠慮なく前に出てきます。この帯域がどうやら他の楽器にはない音のようで、どんな大所帯編成でも、どんな大音量メンバーでも、無敵に抜けてきます。ツインベースも全然埋もれない。これはすごいことです。聞こえが良いのでしょう、本当に色気もへったくれもない音色なんですがね、このベースを持っていくとヴォーカルもギターもだれも文句を言わないんです。所詮この人たちはベーシストの気持ちいい部分はわかっちゃいませんね!でもそういった意味では最強に頼れるベースです。アクティヴ・イコライザーは効きが強めです。ベースはかなり美味しいポイントでスピーカーを轟かせます。トレブルはハイミッドよりなので耳に痛いですね。あと、この5弦の場合は36インチスーパーロングスケールの地鳴りのような超低音を楽しむことが出来ます。地鳴りBは他にもあるにはあるのですが、地質が違う感じ。岩盤の地鳴り。Aに下げるともっとすごい。
 あと、いつも機嫌がよいのも特徴的かもしれません。どんなベースも、いつも弾いていると鳴りがよくなったり、はたまたずっとケースに入れっぱなしでたまに出して弾いたら鳴りがよくなったり、それらの逆もあったり、ご機嫌斜めの時があったりもするものです。四季のある日本の気候における木製楽器の宿命かもしれません。が、モデュラスにおいてはそれがない。安定しています。
 難点は、カンカンとフレットノイズがうるさいことです。グラファイトネックはフレットの金属音を非常にシビアに拾い伝達しますね。私はフレットノイズが克服点でして、こんなにうるさいとレコーディングじゃ絶対に弾けないです。上手い人なら問題ないですよ。ごまかしつつライヴ専用ですね。特に悪天候時や野外ライヴ、あるいは蒸した飲食店内での演奏などでは重宝するベースです。

 非常に生産数が少ないので中古タマはなかなかお目にかかれませんが、もし手ごろな値段(のはず)で見かけたら即買いしても損はありません。試奏すると色気のない音色に落胆されるでしょうが、バンドでは生きますよ〜。ただし見た目はハイパースタイルなので、ヴィンテージ趣向のメンバーにはかなり煙たがれますけど。トランスフォームしそうだし。

 私は他人様によくベースを貸したりするのですが、オールドフェンダーとかスペクターとかいろいろ貸しているにもかかわらず、一度M-92を貸すと、次からはこのベースをリクエストされることが多いのです。見た目はハイパーだが確かにバンドでは良い音がするとのこと。わかる人はわかるもんです。

追伸
 2003年2月お嫁に行きました。今まで沢山の思い出をありがとうM-92。

インプレッション目次へもどる