コンパクトコンプばか研究室

コンプってなんだ?

 そもそもコンプレッサー(以下コンプ)って音量圧縮装置ですよね。本来なら音量ムラをなくす目的(ある設定した音量の対し、過大な音量を下げ、過小な音量を上げて、全体の音量を設定枠内に揃える)で通すものです。もしそれだけならラック型をビシッと使いましょう。目的通りの働きをするうえに音色変化が比較的少ないはずです。でもそれでも、実際は程度の差はあれ、なんか微妙に音色が変わっちゃうはずです。実は無理なんですよね音量圧縮だけですますなんて。音量ムラをなくすためのやり方や動作ぐせがいくつもあるからです。乱暴に言うと、音のピークを揃えるのが得意なコンプもあれば、音のサスティーンを伸ばすのが得意なコンプもありますし、その両方を兼ね備えていてもいろんなバランスでコンビネーションが存在したりします。これは設計者の考えやパーツの選び方によるものです。だから同じ音色のコンプにはなかなか出会いません。まさに個性です。でもこれを音量ムラ軽減以外の付加価値としてみるかどうかなんですよね。すると、ラック型に比べてその部分=「味」に大きな個性差があるコンパクトコンプを使えば、ムラ軽減目的ではなく、プリアンプなどとはまた違った「音作りエフェクター」として味付け調味料目的に楽しめると思います。そこでこのコーナーではコンパクトコンプに的を絞ってそのエフェクターとしてのおもしろさリコメンドしてまいりたいと思います。

コンパクトのコンプが面白い

 繰り返しますが、コンプは立派なエフェクターであります。しかし、一般にあらゆるレコードにおけるベースサウンドにはコンプがかけられているので、誰もが意識するようなエフェクターではありません。私がここで熱弁ふるうコンプとはそのようなひっそりとした影の立役者のような立派な懐の広い機器のことではなく、コンパクトタイプに見られる、少ないつまみで表情豊かな音作りをする個性の強いコンプであります。このサウンドはノーエフェクトの原音とは区別して、標準サウンドのひとつとして欠かせない存在になってしまう場合もあるのです。その音色も製品ごとに千差万別できわめて奥が深い!歪み系などにも負けていないディープな世界がそこにはあるのです。これは広く深い世界であります。

 一口にコンパクトコンプといっても大きく2種類ありまして、
 1.原音を変えないようにしたいタイプ と、
 2.原音を変えちゃうタイプ があります。この2つはベツモノとして考えるべきでして、一緒に論ずるべきものではないと思いますが、それを分けるのは非常に面倒なので当ページではごった一緒に取り上げています。

 まず前者は最近流行っているタイプです。音ムラ軽減目的なら先に記したとおり、むしろラック型を使い、なんならエンジニアさんにかけてもらえばホントは結構でありますよね。コンプ本来の機能とはそういうものなのですから。例えばライヴなどではPAさんがいればコンパクトコンプなど無くても全く問題ないことが多いです。しかしいつもPAを雇える人は希です。しかも人間コンプと呼べるような完璧に音量ムラのない奏法を見事体得できている…じゃない人つまりビギナー君やへたっぴ君(俺なんか今だによ!)にはありがたい代物です。またムラのある出音をする楽器もあるものです。そこでこのような前者のコンパクトコンプの存在価値が出てきます。個人で宅録したり音ムラを抑える効果にお世話になるのであれば前者のコンパクト型のコンプはとっても便利な音ムラ軽減エフェクターだと思います。場合によりベースのサウンドもちょこっと良くなることもあります(ならんのもあるよ…ずっと下を参照)。下記の表でもREC用途可と記してあったりするモノなどは個人的に巧く聴かせるエフェクターとして利用できるでしょう。難点は、このタイプはけっこう高価だと言うことですね。面白みも少ないかもしれません。また、ちゃんとつかいこなすにはセッティングも重要で、この手に限ってつまみが多かったりして難しかったりします。そのセッティングをこなさないと充分な働きをしないでしょうしね。

 一方、後者は昔から多いタイプです。前述のとおり、味付け調味料もしくは変音エフェクターとして見るなら必要なのは後者です。そもそもコンパクトじゃたいして音量ムラ軽減の期待にこたえられないこともあります。ラックとは詰まっている部品が違うから同じクオリティの仕事はどだい無理。また、巧い人は人間コンプとは呼べないまでも音量ムラなんか気になるほど無いもんでして、音量圧縮なんかそこそこでかまわんのです。それが目的じゃないとなる。じゃぁどこにこの後者タイプの存在意義があるのでしょうか?ロングサスティーン目的という人もいらっしゃいましょうが、ベースでそれ狙いでコンプ使う人はあまりいないでしょ?トニーレビンがピーターガブリエルのCDで弾いてるような効果を求めているなら必要ですけどね。となると、ほとんどの人がコンプ毎の味を求めているんじゃないかなと思いますよ。音の味付け目的です。私もそうです。もうひとつは、圧縮サウンドというサウンドエフェクトが世に中には必要な場合もあるとご理解ください。このタイプの難点は問題作が多いと言うことです。非常に沢山の製品があります。その中で必要性に見合うかあるいは好き嫌いか判別しなければなりません。どんな味が、エフェクトが欲しいか、お好みか、なのであります。

 先に書いたとおり、ホントは上記は別カテゴリーとして考えるべきだと思いますが、当サイトレベルだともうわけわかんなくなりそうで…。つまり、両方必要だからそれぞれ1個ずつ2個とか持っていてもいいかなと思うのは私だけでしょうか?そう思い始めると、このように次々とコンプを揃えて鳴らし比べて喜ぶようになります。変態の始まりであります。

 さて、これで話が終わりならなんの苦労もございません。さらにいっそう面倒なことに、感覚から感情に影響する大きな違いがあるのです。なんと上記2種類とも次のように、
 A.叙情派 面白く(気持ち良く)なるタイプ と、
 B.無情派 つまらない音になるタイプ と完全に2種類にわかれます。なんとも抽象的ですがこの違いはここで文で書かずともはっきりしています。各自が直感で判断できることですから。
 やっぱが欲しいわけです(笑)。つまらなく感じるものは下にも記しますが無いほうがマシなものです。でもこれが案外多いので注意!買うとあとあと後悔します。まぁ、上記ならわかりやすいので心配ないでしょう。問題は上記というエセ美人がごろごろしているということです。これは音も綺麗なだけに一聴してわかりにくく、うかつに買ってあとで使わなくなりがちですので気を付けましょう。たとえの原音重視型であっても艶感とかアタックの処理とかリリースの感じとか(下欄参照)ホントにいろいろ味わい深い部分があるのですから、とにかくじっくり試奏することが大事です。だって高いんですよそういうのに限って(笑)。仮に間違ってを買っちゃっても、飛び道具や効果音ネタには使えますから。しかもそれは安いことが多いんだし。ただし、の違いなんて人によってまちまちです。私が定義できることではないのですが、多くの人がきっと好きだろうなぁと思えることは似ていることが多いでしょう。だから安価以外の理由で人気あるコンプにはが多いですね。私はが良いコンプだと思います。「良いコンプとは、小さな音を上げ出過ぎた音を下げるのではなく、欲しい音を上げいらない音を下げます。」これホント。使えばわかります。

 それでは能書きはこれぐらいにして、下にギター用も含む現行代表機種の特徴を簡潔にまとめてみました。言っておきますがたいした内容ではありません。たんに試奏さえすりゃ誰だって書ける気分レポです。基準にあるのは、ごくふつうのベーシストであり、コンプ好きである私個人の感覚で判断しました。コンプ好きと名乗るからには、普通の人間に比べ、少しぐらいきつめにかかるものを喜んだり、かかっているかいないかわからんようなものは喜ばなかったりする人間とご理解ください。でも、まあまあイイ線行ってるとは思います。(が、たまに気が変わって書き換えています…というのは買ったばかりの時は印象が良いのですがしばらく使うと冷静になってきますので。まだまだ青い…)

◆ ベース使用時のコンパクトコンプマトリックス

 ただし主観です!個人サイトレベルだから好き勝手を許せハニー…

かかっているかどうかわかりにくいけど音は俄然太くなる

叙情派 バンド的にはエグすぎるけど自分は気持ちいいかも

dbxMC6

きれい系

Providence
DC-401

 HaTeNa?
ActiveSpice

APHEX

EBS MULTICOMP

Demeter

Blackbox Oxygen

ANALOGMAN
MINI BICOMP

MAXON RCP660

強力個性派



K&R
GrooveComp

Cranetortoise
GC-1

BBE    
OPTO STOMP

Keekey

MXR dyna comp

H.B.E.
ComPressorRetro


Unchange
 原音重視モデル 

CARL MARTIN
Comp/LIMITER

Barber
TonePress

 FLIP BC-X

 Digitech
MAIN SQUEEZE

Boot-Leg.
COMP-DX

TECH21
BassCOMPACTOR
Change
エフェクターとして

T-REX
Comp-Nova

MXR limiter

欲しさの境界

EMMA
TransMORGrifier

MXR super comp

MENATONE J.A.C


ほとんど原音

BOSS LMB series

DOD MILK BOX

ぶっ潰し系

Ele.Harm.
SOUL PREACHER


別にコンパクトじゃなくてもラック型でいいんじゃない なくてもかまわない なくてもかまわない 無情派 なくてもかまわない

なくてもかまわない

音質悪化し、イキ・ヌケが悪くなるのでない方がマシ

最近はスペースの都合上、このマトリクスには新チェック品などを書き足しておりません。
たまに気が変わって書き換えたりします。その程度のもんだと思って見てやってください。


◆ 各モデルの比較インプレ表

あまりに長くなってきたので、次のページへ移しました。


◆ 基礎的助言

コンプのしかた

 一見同じようなコンパクトコンプでもやりかたは様々です。いずれも説明を読むとロクでもない感じがするでしょう(笑)が、どれも優秀な製品が存在しますから優劣はありません。上手く造ればいいのです。

1. ピークを下げるだけのタイプ(音の粒を揃え、ディテールを目立たせる性質)
 ピークや瞬間的大音量に刹那に反応して自動でVOLを高速に下げます。コンプ自体は1ノブでコントロールします。かるくかければピークを狙って抑えられるのですが、かけるほどにおのずとピークまわりの下げ幅が大きくなるので全体の音量も小さくなります。下がった分、マスターVOLで上げて出力を元の音量に調整します。この時点でついでに小さな音も持ち上がる仕組みです。小さな音を関数的に上げてサスティーンを強引に伸ばすわけではないので、歯切れも良く、エッジが立ちます。ベース向きといえます。いわゆるリミッターに近い存在ですね。

2.ピークだけをピンポイントに狙ってリミットし、その後、しだいに小音量を自動的に上げるタイプ(音の頭を鋭く絞り、サスティーンを伸ばす性質)
 1との違いは上げるのも自動というところです。サスティーンが関数的にのびていきます。コンプ自体は1ノブでコントロールします。かけるほどに全体の音量が大きくなり、出力をマスターVOLで下げて元の音量に調整しますので、結局は2ノブでコントロールすることになります。ギターにはごく普通のコンプです。ベースには似合わない作用の物もよくあります。しかし亜種として、入力段をはじめから小さくして受けて、直後にGAINノブを設けてあらかじめごんぶと感を強調させることでベースにもマッチする音にした製品もあります。この場合コンプで上がる音量は少なめなので、マスターVOLが無いことが多いです。

3.ゲインブースター&ゲインリダクションのタイプ(音の頭を叩きならし、サスティーンも伸ばす性質)
 まず全体をブーストした上で、ピークをリミットします。共に任意に設定し2ノブでコントロールします。ます。リミット前でピークがすでにでかく育っちゃって目立っている状態ですからリミットも反応しやすく初めから強く働きます。このためうすめにかけてもアタックにパーカッシブなクセ(潰れ)が表れることが多いです。1に似てるようですがプリセットではなくユーザーがかかり具合を決められることで全く似てない音が出てきます。上の2の逆のタイプが多く、単純に次の4の逆であることは少ないです。

4.ゲインリダクション&ゲインブーストのタイプ(音を全体的に平坦にし、サスティーンも伸ばす性質)
 まず大きな音全体をリミットした上で、小音量部分を中心に全体のゲインを任意にブーストします。共に任意に設定し2ノブでコントロールします。常に全体をぐっと押さえ込まれた圧縮感があり、こまかい耳障りなハイが増幅されて、張りのあるサスティーンが特徴。ノイズも増幅されます。ただしアタックやリリースそしてレシオを上手く操ることが出来ればそれらの欠点は克服可能で、ラック型に多い仕組みです。ノイズも少ない製品は存在します。2に似ていますが3の逆は2ではなくてこっち。

アタックがキモ

 音を変えないようにするタイプと音を変えようとするタイプの最も簡単な境界線は、レシオ(調整できないものが多いので論じません)とアタックです。特にアタックは大きな差が表れます。コンプレッション中の音が多少変化するとしても、もし、アタックが残っていれば、そしてそこから自然に圧縮につながれば、感覚的にはあまり汚く潰れた感じがしないはずです。そこで、アタックタイムを調節できる機種は試奏時にいろいろ試すとよいでしょう。例えば、MAIN SQUEEZEなどはアタックをしぼるとかなりのぶっ潰し系なのですが、アタックを全開にできることにより、結果的に潰れた感じがしない原音に近いサウンドなります。これは、良し悪しではなく、目的に応じて使い分けるべきです。この時にアタック音のコンプレッションが全くかからない機種と、どんなに全開にしてもわずかにアタック直後からコンプレッションが始まる機種があるので、前者は時間の開けすぎに注意が必要です。不自然になるからです。
 アタックが調節できないタイプはプリセットされたアタックタイムが目的や好みに合うかどうかを確認しましょう。
 アタック調整後の圧縮初めのサウンドとは個性が表れやすく味わいに大きく影響するところです。もしコンプというものにある種の効果音的な要素を求めるならば、アタック直後から音色変化がなく自然で全くの原音重視型コンプとは味わいや面白みがない、はたまた血の通った感じがないという贅沢なキライもあるかもしれません。そしてその効果音的な要素とはアタック圧縮時に生じる音色変化した瞬間的サウンドが主たる部分だと思います。このアタック処理音ともいうべきサウンドのニュアンスが機種ごとに千差万別であるため(例:「パコッ」とか「パリッ」とか「パツッ」とか「グンッ」とか…etc)それが目立てば大きな個性となり、最も好みが分かれるところなのです。結局、コンプ選びはこのアタックの味を選んでいるようなものかもしれません。(その次にはリリース時のサウンドもいろいろあって悩むでしょうが…次へ)

動作の違いについて リリースも重要

 アタックばかりではなく、リリースもこだわる人が多いと思います。リリースもアタックに次いで個性が出るところです。しかも使いやすさ・にくさにかかわってきます。
 いってみれば全ての動作のしかたが機種毎に違うことはよくあることです。中味の部品が違えば同じコンプになるわけありません。いろいろなかかり方が十コンプ十色存在します。それも好き嫌いのレベルで気持ちに影響しますから必要性や好みに合わせてチェックしましょう。スレッショルド、レシオ、アタック、リリース…etcこれらのコントロールをご自分で調整できる機種もあれば、プリセットされた機械任せのものもあります(前述アタックの項同様)。機械任せの時は必要性や好みに合う・合わないがすぐわかるでしょうが、なんと自分でいろいろ調節できるものでも効き方に個性があるんですよね〜!
 話を戻しますが、リリースなんか特にそうで、たとえリリースタイムだけ調節できたところで、戻る変化が直線的なものと二次関数的なものがあり(つまりディケイですね、調節できる機種はあまりないかも)、結局、戻り方にひとくせあるのが多いですからね、気に入らないのが多いと思いますよ。さりげなくなめらかに戻るのと遠慮無くどんと戻るのとでは使いやすさ・にくさにも差が出てくるはず。そんなことが気持ちに大きく作用するのです。
 例えば、個々人や用途別で判断がわかれることなので、私が決められることではないのですが一般的には…速い演奏用途ならリリースが素早くかつ、なめらかに戻るタイプが良いと思います。あまりなめらかに戻らず、急にどんと戻られちゃうとでこぼこしたおかしな出音になりますからね。逆にスラップなら瞬間ですっと戻らねば困るでしょう。ピックでずっとかかっていたほうが良ければほどほどゆっくり戻るべきでしょうし、ロングトーンで終わらせたい人ならいつ戻ったんだかわからないようになめらかに戻るタイプが必要でしょう。まぁ、こんなことはラック型高級機なら悩むことではないのでしょうが、コンパクト型の場合もこれだといえるリリースのモデルがあるはずです。出会えるかどうかですよ。とにかく何度も書きますが、じっくり試奏しましょう。

リミッターとコンプ

 リミッターは基本的にはあってもなくてもよい、ある意味贅沢エフェクターだと思います。金欠の人は揃える必要ありません。むりやりサスティーンが伸びないので自然派の方に。普段からONにしても問題ありませんが、まずリミットが働くことはないでしょう。やはり実際機能するのはスラップのときぐらいです。しかも圧縮サウンドを得ることが目的ではなく、実際はアンプなどの保護が目的となるでしょう。リミッターで圧縮サウンドが特徴的なことはあまりありませんから。ですので、どうせならMXR limiterのようにただ足下に存在するだけでかっこいい製品を選びましょう(?)。もちろんリミッターですら面白いorつまらないがありますので、要試奏。ただの音やせマシンもありますので気を付けましょう。

 コンパクトコンプは音質的にみれば必要ないエフェクターで、普段はむしろ絶対無いほうがよいぐらいです。確実に音質は悪くなり、音抜けも悪くなります。だがしかし、それはスラップやピックのときに限り欠かせないほどカッコ良い音になることもあるのです。問題はそんなカッコ良い音になるナイスなコンプは少ないことでしょう。個人的にはルイス・ジョンソンのパパパンというあの音色!あれができるコンプが欲しいのですが、なかなかないのですよ。グングンと唸るコンプばかりで困ります(こんな擬音で伝わるのか?)。ピックアップなども重要な要因ですけどね。というわけで、RCP660あたりは絶品なんですが、こいつはレンジは狭いわ、歪むわ、ノイジーだわと、常時はとてもONにしたくない品です。パンパンさせたい時専用のエフェクターとしておすすめです。私なんぞ、2ループでリミッターサウンド(スラップ常用)とコンプサウンド(スラップソロ用)を使い分けています。

音やせとノイズ

 コンプほど音やせとノイズが多いエフェクターはないです。必ずチェックしてから買いましょう。

 音やせは、コンプを通したバイパス(コンプオフ)音と、コンプなしで試奏アンプへシールド一本でつないだときの音を聴き比べます。アンプのセッティングは同じにしてください。明らかに違わないのなら気にしなくても良いでしょうが、音やせコンプの場合は極端な差があるものなのですぐわかるはずです。レンジがぐっと狭くなるので通常バッキング時にかけっぱなしにはできないでしょう。ベースが聞こえなくなります。もっともソロ時だと話は別で、狭いレンジでも気に入った効果を発揮すれば良いと思います。
 たまに、音が太くなるタイプもあります。その場合バッファー感がかえって嫌味なこともあるでしょうから、それが許せるかありがたいかは人によりかも。ヌケの悪いベースをお持ちの方ならうれしく感じるでしょう。

 ノイズですが、コンプは微少なノイズも増幅させますので、ほとんどの場合ノイズレスというわけにはいかないはずです。それはコンプ本体にノイズ源がない場合も多いのです。結局、程度の問題で、弦のバズやハイハットでマスキングされるノイズも多いものですから、耳障りじゃないかで判断してください。最近は本当にノイズが小さいモデルも増えてきました。それでも宅録の場合はノイズが目立ちやすいので、何度も書きますがコンパクトコンプなんかないほうがよっぽど良いですよ。BassPOD一個で充分じゃないかなと思います。でもBassPODの内蔵コンプではペッコンパッコンできませんからね。

 あと、忘れてならないのは、必ずACアダプターを借りるか持参して試奏してください。AC電源からのノイズ(いわゆるブーンというハムノイズ)に非常に敏感なモデルもあるからです。電池では気が付きません。電池だけで使うなら良いのですが、実際そうもいってられないでしょう。例えば初期のMULTICOMPDemeterは要注意です。私も上記の全モデルをACアダプターを使ったわけではないので、他にもあるかもしれません。ただしこの対策は全くないわけではありません。ACアダプターが必要なら、少し奮発して「安定化回路内蔵」というACアダプターを探し求めて使うと良くなるかもしれません。これはハムの原因の1つであるリップルを除去してくれる回路が入っています。「他のエフェクターはACアダプターでハムが出ないのに」という環境の人はこれで解決することが多いです。この他にやはり安定化回路内蔵のパワーサプライ等を求めて使うのも良いでしょう。もちろんハムの原因はこれだけではないので一概には言えませんことはご理解ください。

アクティヴベースのパワーと歪み アクティヴお使いの方は要チェック!

 コンプはベース専用で作られているものは大出力や低音レンジに対して比較的対応できています。しかし、ベース専用のコンプは少ないものです。おのずと、ベース専用ではない(つまりギター向けに作られている)コンプを選ぶ機会が多くなります。ところが、ここに大きな問題が転がっているのです。

 実は、アクティヴ回路が内蔵されているベース(電池を使うベース)の場合、結構なパワーとワイドレンジで出力されていまして、特に低音域においてBASSノブをブーストしてしまうとすこぶるパワーを発してしまいます。このパワーにコンプが対応できないことが多いのです。結果としてまるでブースターで煽られたアンプのごとく歪むことがあります。聴いた感じはもはやコンプじゃありません。ベースを歪ませるためには「歪みエフェクター」を使うべきで、コンプで得られる歪みはアタックのみバチバチいうだけだったり、運良くブビッといってもナローレンジで息苦しい圧縮感があるため非常にヌケが悪いから要注意です。実際アクティヴベースのトーンコントロールで積極的に音作りをする人にはかなり使いづらいはずです。昔のカセットデッキで時々ピークレベルがオーバーしたときのような劣化といえば何人わかるでしょうか。サチレーションとは違う聞き苦しいもののことです。(サチレーション風になる機種もわずかに存在します。この場合は好感持てれば問題となりません。例:H.B.E.など)

 そこで、コンプ購入の際の試奏のときは、必ずベース本体のトーンノブをフルテンにしたときのチェックも忘れないようにしましょう。トレブルはあまり問題ないので、要はアクティヴのBASSフルブーストですね。特に5〜6弦ベースの場合はBASSフルブーストした状態でローB弦のB〜D#を親指でスラップして歪むのはほとんどですから妥協して、4弦以上で歪まなければ合格としましょう。私がチェックした上記表のモデル群もかなり多くの製品がBASSフルブーストで4弦をスラップしたらバツバツ歪みました。こうして歪んでしまうコンプはあまりに多いのである程度妥協せず探しているといつまでも買えなくなってしまうのが現状ですが「マシなものはなにか?」ぐらいはわかります。もっとも、トーンをニュートラルにしたときはギター用コンプでも歪まずなかなかのサウンドで聴けることが多いものですから、いつもあまりトーンをブーストしない人なら選択肢は広いと思います。

 で、個人的に気づいた傾向ですが、出力調節ノブがありますよね?(名前はOUTPUT,VOLUME,LEVEL…etcです)このノブでバイパス時の音量とエフェクトオンの時の音量をそろえた時の、ノブの位置がフルテンからちょっと手前(だいたい75%前後かな)になるコンプは歪みにくいことが多いです。これ、あくまでも経験的なものなので、参考程度にしてくださいね。

 珍しい例では、入力ゲインを調節できる機種もまれにあります。例えばDemeterはそこをトリムで調節できるようになっていて、いつもベースをブーストしたいんだけどという人には打ってつけです。この手はゲインのでかいベースばかりが有意義に使えるようにも見えましょうが、決してそういうわけではありません。もしゲインの低いベースを繋いだ場合、ここでゲインを稼ぐこともできたり、あるいはよりいっそう圧縮できたりと、なかなか応用範囲も広くて便利です。

 パッシヴベースの場合はこの点であまり悩むことはないでしょう。あまり気にしなくても歪まないことが多いです。ただしピックアップが弦にすごく近づけてあるとやばいかもね。

ベースはワイドレンジ、ギターはそれほどでもないことが多いので・・・

 ベース用コンプは少ないと書きましたが、ベース用と名乗っていなくても充分なレンジが確保されていればベース用に使えます。そもそもラックマウントの大きな高級コンプは○○用などと決まっているわけではありません。優れたコンプなら、コンパクト機でも色々な楽器に使えるはずです。ただし、そうはいっても優れたコンプは多いわけではありません。試奏するときはベースの重低音ときらびやかな高音が出ているかを確認してみてください。ベースはワイドレンジであり、そこをスポイルされるとベースらしさがなくなって聴こえてしまいますから。ただし、コンプは少なかれどうしてもレンジを狭めるものですので、厳しすぎると何も選べなくなってしまい、結局少しは妥協して選ぶというのが本音です。でもナローレンジ感が顕著な物はアンサンブルに埋もれる原因となります。ベースらしさを残すにはコンプなんぞかけないほうが良い場合がほとんど。ベーシストがコンプを踏む目的があるのならできるだけレンジの広い物を探してください。そうは言ってもまんべんないフラットなワイドレンジのコンプはなかなかないですね。それならせめて低音域側にレンジが広いものを使いましょう。例えばKeeleyは高音域側にレンジが広く、Demeterは低音域側にレンジが広く感じる(私の実感ですが)ので、私は後者のほうが使いやすかったです(計った訳じゃないので感覚としてご理解下さい)。ただ、目的にもよりますし、好みはまた別の話です。

自分の愛用ベースで試奏を

 コンプは楽器によってサウンドが違ってきます。特にベースとの相性良し悪しははげしいです。できる限り自分のメインのベースを持参して試奏し、相性を確かめてください。それができなかったら、せめてアクティヴかパッシヴかはマッチさせて試奏ベースを借りましょう。特にふだんアクティヴを使っている人や、使う可能性がある人は、できるかぎりアクティヴベースを借りてください(理由は先述の歪みの問題)。

コンプでサウンドが良くなる例

 ピーク抑えやピッキングの粒揃えという目的がべつだん不要だとします。なのにサウンドメイクとしてプリアンプ的にコンプを欲しがる人がいますね。とにかく、何が無くても良いからコンプだけは欠かせないと。これは気分の問題?そういうこともあると思いますが、実際サウンド的にはどうなのでしょ?原音をより良くするコンプなんてあるのでしょうか?純粋に音質としては明らかにノーですよね。だったら原音をあまり変えないコンプを繋ぐメリットは何でしょう?無くても良い?それは楽器のサウンド出力が〜厳密には耳まで届いた時のサウンド出力が〜前に出てはっきりしている場合なら、コンプなんかいらない存在と暴言言われてもしかたないでしょう。しかし、私が常々感じることは、スピーカーアウトのサウンドがよく聞こえないベースにとっては、決して音質が良くならなくとも、耳に届くサウンドとしては改善されることが実際にあるということです。
 例えば、バンドで埋もれるベースというのは案外多いんじゃないかと思います。ベースは低音楽器なので、ローをわざとリッチにしてある製品もけっこう多いものです。もしそうすると、ローは如実にパワーの素になりますので、全体のパワーバランスはローがほとんどを占めてしまう分、それ以外の音成分は相対的に小さくなっちゃってるもんですよ。ありがちだと感じます。これがパワーがあっても聞こえないベースです。その原因は、耳に聞こえやすい音成分が引っこんでいたわけです。
 ここで多くの人はプリアンプのイコライザーで聞こえやすい中〜高音域を上げる作戦に打って出るのではないかと思ます。でも、そこをブーストすることなく、ただコンプを通すことにより、この引っこんだ小さな必要成分を持ち上げて、聞こえを良くすることができたりするのです。この例は、ラインや録音には耳障りな成分かもしれませんが、ライヴなどにおけるアンプや各スピーカーからのサウンドには好ましい輪郭であることが多いようです。そればかりではなく、不要に出過ぎた過剰パワー部分〜つまり多すぎるローだったり〜を抑えることも可能で、その場合は過剰ローを削った分、相対的な全音量を少し上げることもできたりします。プリアンプのイコライザーで中〜高域をブーストする作戦よりスマートでしょう。だってその場合だとオーバーロードの危険性が残りますからね、全音量としては下げなきゃならない時もあるはずです。
 だから、特にバンドでせーので演奏したとき聞こえにくくなるベースをお使いの場合はコンプを試す価値は大いにあるのではないでしょうか。初めからよく聞こえるベースの場合、輪郭になる音成分がひっこんでいないわけで、コンプで持ち上げてもさらに聞こえるようにする価値は薄いのです。

ライヴに向いているタイプがあります

 ライヴに向いているタイプもあれば録音に向いているタイプもあります。どういうことか?両方に向いているのは良いコンプとしてあたりまえのようですが?いわゆる原音重視型ではないコンプの中には、録音じゃ太さが足りないコンプが存在します。でも実際の所、そういうのがライヴで重宝する場合があります。上記の個人的愛用コンプ発表の項で触れたことですが、硬くハリのあるタイトな音のコンプが、ライヴのブーミーな環境において引き締まったローを提供してくれるのです。あるとないとでは大違いで、ヌケに差が出ます。逆に、見事なる優秀な原音重視型であっても、ライヴの環境では繊細な音表現なんてお客さんの耳に届きにくく、結局あってもなくてもわからないような事もあるものです。こいつは録音時にこそ立派な働きをしてくれるでしょう。

コンプ史上に名を残す名機とは?

 世間においてはお約束の名機というものがいくつかあります。おおよそ70年代ごろから始まるエフェクターの歴史からすれば、コンパクトコンプは掃いて捨てるほど存在しました。時は巡り、コンプレジェンドと呼ぶべき機種がいくつか名を残していることは事実です。現代の最新機種でもこれら過去のオリジナリティあふれる名機をリスペクトした上で、リメイクされていることは多いものです。コレクターなら揃えていて当然のラインナップなのですが、あいにく私はそうではなく、単に実用目的で買っては後悔を繰り返しただけに過ぎない者です。これから買いそろえて経験を積む気はありませんので名前だけ羅列しておきます。

 MXR dyna comp(Jim Dunlop製ではなくMXR製のオリジナルコンプ)
 Dan armstrong ORANGE SQUEEZER(これもオリジナルの一つ)
 BOSS CS-1(ビッグブランドのコンプ初号機として評価されている)
 ROSS COMPRESSOR(最近のハンドメイドものの多くはこれをモデルにしている)
 dbx MC6(あのdbxのコンパクト型廉価版として評判良かった)
 retrospec The Squeeze Box(音にこだわったチューブ仕様でかなり高価だったような)

 これらは「名前買い」されることが多い機種です。オークションや中古市場などで見かけたら、高額で取引されているかもしれませんね。しかし現代の音質の尺度から見れば、決して「音が良い」という意味ではないものもあるとご理解ください。それこそベース用なんて気の利いたものは昔は無かったわけで、ベースでは相性の悪いものも多いと思います。(その意味では下のふたつは比較的新しく、ベースでの音も好評だったようです。)

 今後これらに続く名機を呼ばれる存在はやはりマルコン、グルコン、パンチファクトリー、リアリーナイスあたりになってくるんじゃないかなぁと思います。ただし大量生産安定供給品がレジェンドになる日はあいにく近くはないはずです。


Back to index