PENTAX MZ-S

 当時私は急に視力が落ちだし、MFが辛くて仕方が無くなっていたので、AF一眼レフを検討することにしました。ただし、長年カールツァイスレンズを愛用してきただけに、できれば写りの良いレンズを揃えるメーカーの製品が欲しかったのです。そんな折りに知人のMZ-3を借りる機会があり、まずはそのコンパクトさに感動し、そして出来上がった写真をみてそのレンズの描写に感心してしまいました。このレンズだ!すっかりペンタックスに惚れ、気がついたら時にタイミング良く出たMZ-Sを買っていました。

 MZ-Sは私にとってはあらゆる意味で可愛いAF一眼レフでした。気に入って随分沢山使いました。とにかく程良く小振りでカチッとできています。手に余る身分不相応なプロ用フラッグシップ機でもなく、ビギナー向けの造りでコストダウンされた入門機でもない、MZ-Sのあらゆる面の中庸さ、潔さに拍手。同時にデザイン的にも非常にユニークで面白いと思います。軍艦部もいかり肩のデザインが個性的で私はとても気に入ってたし、全体にホールドしやすくする工夫が見うけられます。また、撮影データをフィルムのパーフォレーション間に印字する機能にいたってはデータを記録する全カメラの中で最善の策といってよいでしょうね。シャッター音も鋭くて好みです。露出制御はさすがにフィルム最終期のカメラだけあって気軽に撮ったリバーサルでも失敗が少なかったですね。
 でもそんなMZ-Sはデビュー当時、賛否両論〜どちらかというと否のほうが多かったですね。特に身内であるはずの古くからのPENTAXユーザーには受け入れてもらえなかったように記憶しています。何年も経った今でこそ製造終了となり相手にもされなくなった感がありますけど、あの時の否定派は今どんなカメラを使っているのでしょうかね。
 今思うと、なんだかんだ言っても私はペンタックスのレンズ描写が気に入ってこのカメラを手に入れたわけですから、(こういうことは意識したことないんですけど)実はカメラの存在は二の次だったのかもしれません。だから不満無く使えたのかもしれませんね。この時期に増えた沢山のペンタックスのレンズは今もデジカメに付けて使用しております。このカメラを使っていたおかげでいい財産構築となりましたね。出会えて本当に良かったカメラです。ペンタックスには感謝しているんです。

 だって、京セラなんか撤退しちゃったんだよ!おかげであのすばらしかったカールツァイスレンズ群はフィルムでしか使えないんですから。あそこはNマウントではない従来からのレンズが使えるMFのCONTAX一眼デジカメを出すべきたっだと私は本気で思っているのです。EPSON R-D1は成功した(と言っていい?)じゃないの。AFなんかできなくたってよかったのに、そこに気が付かなかったんですからね…。


国産カメラへもどる