CONTAX RX 

 高校時代からミノルタX-700(NEW)を使ってきた私は社会人になってすっかり写真を忘れて忙しく過ごしていました。しかし数年を経て、ある日ふと写真を撮る趣味があったことを思い出した時、生意気に自分の給料で買えるできるだけ優れたカメラを手に入れようと思案検討をはじめました。バブル期だったもんねぇ。
 そこでまず当時出たばかりの元祖高級コンパクトカメラ京セラ製コンタックスT2を購入。これが気に入って中毒になり、RXはその次に手に入れたカメラです。正直なところRTS3かライカのM6もしくはR8が欲しかったのですが、いくらバブってても当時の若僧の収入じゃSTの中古か新品ならRXしか買えなかったのでした。STより新しい方が良いと思ってRXにしたのですが、充分高かったですね。今思えばS2bを買っていたら後に高く売れたのになぁ!
 なぜその他の国産メーカーには目もくれなかったのかというと、時はDCブランド全盛期、ファッション業界に身を置いていたせいか私は立派なブランドドランカーだったのです。当時コンタックスという伝統ある舶来高級ブランドネームに惚れてしまったわけです。ライセンスなのにね。しかし、結果的にこの選択は正解だったと思うんです。なんせカールツァイスレンズの写りは本当にすばらしいかった!以後しばらくハマっていくことに…。

 買う前に迷った候補STに比べ、このカメラを買って良かったなぁと思う点はどこか?シャッター音の小ささと多くの人が言いますが、全くその通りです。迫力や爽快感は一切無いけど、シャクーシャクーとおとなしく、例えるなら自転車のようですよ。願わくば縦位置レリーズが欲しかったなぁ。DFI(デジタルフォーカスインジケーター)についてはオタクや本職の評判は悪かったようですが、私はとても好きで利用してます。初めからRX2(DFI省略)のようなら買わなかったでしょう。なんであれ、RXはスペック好きにとってたいしたカメラじゃないでしょうね。


国産カメラへもどる