CONTAX ST

 なぜか2003年になって手に入れた傷アリ格安中古STです。その後、そのあまりの使い心地の良さに感動し、どうせなら外観も綺麗な物をと別の中古新品同様に買い換えまでしましたよ私は!RXもあるのになんでそこまでして?

 STはRXよりどこが魅力的だったか?まずファインダーですね。不思議とRXよりちょい明るくて気持ちよく見えます。今となっては古臭いと言われる(らしいぞ。私は言ってない!)真っ赤なLED表示もレトロフューチャー感溢れあまりに素敵すぎです。次にシャッター。RXは小鳥のさえずりのような優しい音でMax1/4000,Sync1/125。ほどほど静かなのは便利ですが。方や、このSTは刃物のような鋭い音でMax1/6000,Sync1/200。はっきりいってうるさめですが、説明しがたい爽快感が伴うのです。それから剛性感。気のせいかもしれませんけどSTのほうがカチッとしているように思えるのが不思議です。形が左右対称に近いのもいい。最近は右手グリップ側が大きいカメラが多いから、シンメトリー設計って貴重ですよ。おまけにP-7というオプションのバッテリーグリップのイカすこと。よく見るとどこの他社製カメラのバッテリーグリップよりも薄目なのが大げさじゃなくて好みです。この部分が巨大だと本格派に見えるから街でとてもはずかしいのです。 そして最後にレリーズの軽さ。STのレリーズは当時のアサカメ記事によるとRTS IIに次ぐフェザータッチの160gとのこと。RXの250gより気持ち軽いかなって感じる程度ではありますが。総じて、街で持ち歩くにはすこし立派でかっこわるげですが、ツァイスレンズの性能を遺憾なく発揮できるという点では歴代コンタックス一眼の中でも特に優れたボディだとは思います。
 でも、RXより劣る点もあります。こと操作感については断然RXのほうが良いです。STの巻き戻し操作は全カメラ中最低のほうだし、AEロック操作のしかたはどう考えたっておかしい。伝統の露出チェックボタンがなぜ無いのよ。ストラップを通す金具はボディ一体のプレス加工扁平リングで当時の流行型とはいえ安っぽさこの上ない。まったくどうして入手してしまったのだろう…体が勝手に買ってきたのか、霊の仕業か…。

 


国産カメラへもどる