フォクトレンダー ヴィテッサ

誰もが振り返る奇天烈なカメラ
 古き良き蛇腹カメラの最終進化型の一つ。蛇腹カメラ特有の折り畳み構造のギミックは楽しくかつ携帯性に優れますが、このビテッサの機構ほど奇抜なものはありません。観音開きのカバーと煙突のように上に長く飛び出た巻き上げロッドにより、このカメラを知らない人たちは例外なく驚いていただけます。ある意味、機構バカといえるほどのすさまじい仕組みが、悪く言えば無駄な豊かさと錯覚しうる所有満足感を煽ります。何はともあれ、使っていてめちゃくちゃ楽しいカメラです。そのうえ写りも良いんです。

ボディ
 例によって'50年代当時のフォクトレンダー製品はドイツ工芸の最高水準のオーラを放っています。とくに外観におけるメッキのすばらしさは筆舌に表しがたいほど。鏡面部分もさることながら、サテン部分のメッキの質感は後の日本を含めたどの国のカメラよりもしっとりとした高級感があります。私のビテッサはセレン露出計がついているタイプですが、これが初期の露出計のないタイプならばメッキ面が広く、その美しさはより強調されています。
 そして、優秀なメッキ技術に予感させられるのは、中身のメカニズムの凄さでもあります。やはりフォクトレンダーの魅力といえば修理屋泣かせと例えられるほどの複雑怪奇な機械構造のデザイニングにつきます。まず35ミリカメラの小さな蛇腹がかわいい。その蛇腹レンズの折り畳みカバーが観音開き構造というのはあまりに個性的でかっこいい。そして最も注目すべきはあの上に飛び出た長い棒。これがビテッサだけのフィルム巻き上げ機構なのです。はじめはあれが何だか私はわかりませんでしたよ。メカ好きならば迷わず手に入れるべきカメラですね。ただ、フィルム装填のために筐体全体がぱっかりはずれてしまうのはちょっと慣れを要しますね。そんな筐体は鉄製で、板金加工精度も高く、現代のカメラのようなモルト(黒いスポンジ)がないのに遮光は完璧のようです。

操作
 まず、シャッターレリーズボタンを押すとぱかっとレンズカバーが開き、同時に例の巻き上げロッドが勢いよくシャキーンと飛び出してきます。一見いい!ところがこれが壊れやすいらしので、シャッターレリーズボタンを押すときは空いている手でロッドの先端を軽く押さえながらにしなければなりません。こういうところが面白味に感じたら病気の始まりなのですね。蛇腹レンズをぱこっと出したら準備OK。私のビテッサのようにセレン露出計内蔵タイプは、軍艦部上面にライトバリュー値を表示するタイプなので、表示された値を読みとり、レンズにあるリングのライトバリュー値の指針ピンをそれに合わせます。なじみがないのでしっくり感じませんが、とにかく露出はこれでOK。ピントは軍艦部後ろにあるギヤを右手親指で回して、ファインダー内の二重像を合致させて合わせます。フィルム巻き上げは、ロッドを上からグーッと押し込んで戻すだけです。でも、とにかく丁寧に扱わないと壊れてしまうそうです。シャッターレリーズボタンは柔らかめで、レンズシャッターなのでレリーズが手ぶれの原因になりにくく、普通ならびびる1/15秒まで意外やうまくいくことが多いのはありがたいです。難点は、ついつい操作のおもしろさだけで写真を撮ってしまうので枚数の減りが早く、安易な絵になりがちなことです。せっかく良いレンズなので、ちょっと注意が必要です。

レンズ
 ビテッサにはカラー・スコパー50ミリF2もしくはウルトロン50ミリF2がついています。本家フォクトレンダーのレンズはどれも文句なく写りがよいことで定評がありますが、ウルトロンはその中でも名玉として名高いレンズです。私は既にビトマチックでカラー・スコパー付きを持っていましたので、ビテッサではあちこち探してウルトロン付きのほうを手に入れました。もっともカラースコパーであってもビテッサのレンズは特別写りが良いとされています。それは金属鏡胴と違って蛇腹なので内面反射の影響を受けにくいからだそうです。なるほど、できあがった写真はいずれもヌケが良く、コントラスト・階調ともに表現豊かで文句のつけようがなく、色彩は深く鮮やかで生き生きとした瞬間を切り取れます。カラー・スコパーと比較すると、暖かみのある、なんとも優しい絵作りです。解放でのコクのあるボケ味と狙い撮った合焦点の切れ味。一方、絞り込んでも被写界深度内にあるだけの広い合焦部分のシャープながらもやわらかな引き込み感と、真に距離計の合ったガリピン面の立ち上がり感。参りました。ビテッサのウルトロンとは、このように対比する各個性が絶妙に組合わさって立体的存在感を味わえる良いレンズだと実感しました。現代の観点から見ても見事な写りです。

ドイツ製カメラへもどる